CORE MOTO Nobunaka Racing

最近の輸入パーツのご紹介

12:58AxxL本間



こんにちは、アクセル本間です。
台風一過もあり、神奈川県はまた暑い日に戻りました。 西日本の方では被害が大きかったようで、、、、大事になっていなければと思っております。

お盆休みに入った方も多いのではないでしょうか? バイクに乗る機会が多くなるかと思います。
どうぞお怪我、事故無くお過ごしください♪

当社も勝手ながら夏季休暇を本日から頂き、火曜日から再始動で御座います。
皆様のご理解、何卒宜しくお願い申し上げます。


さて、広報の者からのブログは頻繁に更新させて頂いているのですが、私の方が毎回日が空いてしまい、申し訳御座いません。 
「本間さんのブログ更新まだですか?」というメールもいくつか頂いており、楽しみにされている方にはご不便をおかけし申し訳御座いません。

お詫びといってはなんですが、トップの画像是非お持ちください^^;
代理店、そして当社をサポートしていただいているTST INDUSTRIES で御座います。
いちいちかっこよく絵になります。 壁紙にしたい画像ですね♪

そしてメーカーのご好意で毎回色々なアクセサリーを頂いております。



今期の新しいカタログと、キーホルダー、そしてステッカーです。



こちらは先着順なのですが、TSTをご購入いただいたお客様へ無料で同封させて頂いております。
箱を開けて入っていたら、ラッキーと思ってください♪

ちなみにTシャツももらったのですが、こちらは私が愛用させていただきます(笑)


本日はたまりにたまった当方のブログを更新させて頂きます♪
お客様のご注文分、納品分がほとんどで御座いますが、なかなか実際に見る事の出来ないパーツが多いので少しでもご参考になれば幸いで御座います。


このパーツって? 自分の車両には? どういう仕組み? などなどブログをご覧頂き気になることがありましたらご遠慮なくお問い合わせください♪


今回は少し多いため、2回のブログに分けて更新させて頂きます!
是非楽しみながらご覧いただければ幸いで御座います。


それではいってみましょう!



まずはほぼ毎日入荷しているのでは?というほど人気のある、、、

CORE MOTO ブレーキラインキットです。







前までは鉄板色である赤系が多い印象がありましたが、最近は個性の出る色々な色の組み合わせが多くご注文いただいております。

COREの色はチープ感がなく、とてもキレイな発色なのでどんな色でもとにかくお勧めで御座います!
派手にしたい、さし色にしたい、などなど、、、 組み合わせで大きく変わりますし、その組み合わせが出来るので悩んで仕方がないと思います。 是非楽しみながら悩んでいただければと思います。









そしてこちらは、、、



分かりますでしょうか??

メーカータグの色だけ違う組み合わせです。
上段がダークグリーン、下がカワサキグリーンです。

この小さいパーツだけなのですが、比べてみると雰囲気も少し違います♪

そしてご一緒にお問い合わせ、ご注文を頂くのが油圧クラッチのクラッチラインです。

メーカーではクラッチラインもご用意しておりますのでご安心ください♪

ブレーキライン、そしてクラッチラインと同じ色でカスタムできます。


こちらのお客様はZZR1400へフロント、リアのブレーキライン1台分にクラッチラインも併せてご注文いただきました。

ちなみにクラッチラインは1台分で10000円でご案内しております。

ご希望のお客様はご遠慮なくお申し付けください。 


最近少しご質問頂くのが、「純正長でのオーダーで長さは足りますか?」

といったご質問です。

COREは全て車種専用の設計なので、純正と同じでよければ純正長がぴったりで御座います。
キャリパーを変えた、マスターを変えた、ハンドルを変えた、、、

などでフィッティング角度やホースの長さが純正と変わる場合のみフィッティング変更やホースの長さの変更、フルオーダーでの発注となります。

ちなみに! フィッティングを変えても、フルオーダーをしても基本的にはオプションの料金は発生せずに同じ価格で御座います。

極端にホースが長くなる、ホースの本数が増える場合のみ少し金額が変わります。
一般的なホースの延長や、フルオーダーの場合は同じ価格ですのでご安心下さい♪


またCOREMOTOでは頻繁に新しい車両のラインナップを増やしております。
新しい車両の場合はまだ細かいホースのデータが無いため、メーカーで実際に車両を用意してデータ取り、作成、ラインナップへ追加されております。

例えば、こちら。




現行のZX6Rなのですが、なかなか販売されていない、出回らないABSモデル用のラインです。
ABSの場合は、一度ユニットに経由してキャリパーへ配管されるためホースの量、長さもバラバラで御座います。



1台の車両のデータ取りだけでも、大きな時間をさいて商品化がされております。




ZX6R 13-14 のABSモデル。 完全な車種専用のラインキットです。

今後もまだまだラインナップが増えてきますので私も毎回楽しみです。


聞いた話ですと、2015年からヨーロッパではABSが義務化されるようで・・・・。
CORE社もABSのラインナップが大変になりそうです^^;



You Might Also Like

0 コメント

お問い合わせフォーム