MT-09 スタントケージ

MT-09 エンジンガード ケージが入荷いたしました!

15:41AxxL本間

こんにちは、アクセル本間です。

神奈川はまだ天気も良く、ツーリング日和で御座います♪
どちらかというと、次の土日のためにというお客様のご依頼が多いので平日は忙しく、日曜日は比較的ゆっくりで御座います♪

そんな中、午前中は飛び込みでリムデカールを作って欲しいと、わざわざツーリングの最中に当社へ寄って頂いたお客様分を作成し、そして本日の納品分を処理、整理を行いひと段落ついたところでございます。


本日もブログを更新、パーツのご紹介をさせて頂きたいと思います。

当社ではスタント関係のパーツを得意として販売している事もあり、やはりケージのお問い合わせ、ご注文はとても多く頂いております。



ほとんどのユーザーさんはスタントの練習ではなく、ツーリングや一般使用で立ちゴケしたときのバイクの保護が目的でご利用いただいております。


ですがやはり、「スタントケージ」「レースアーマー」ということ、そして海外のケージということもあり、日本にある沢山の車種のケージがまず製造がされません。

また、メーカーでも車両を実際に用意してケージを作成、設計するため、新しい車両が出たらすぐにケージをつくれるというのも難しいところで御座います。

なので、現行の14年モデルの車両を買ったのでバイクの保護のためケージを欲しいとなっても、まだメーカーが追いついていないというのもとても多い事例で御座います。


その1つの車両がヤマハでも大人気となった

MT-09


MT-09が販売開始されてから、かなりのお客様からケージはありますか?とのお問い合わせがありました。

各メーカー、ショップではまだ製造をするかまだ分からないといった事もあり、はっきりとユーザーさんへお伝えができなかったのですが、、、


お待ちどうさまでございます!!!!



ようやく1社から販売が開始されました!!




MT-09 では日本でもまだ積極的にパーツがないため、このケージを装着したMT-09の雰囲気は新鮮ではないでしょうか?



斜めからですと、こんな印象で御座います。





少し通常のケージと違うのがお分かりになりますでしょうか?

そうです。 下の方に、、、



この鉄板! スキッドプレートを装着してのご利用で御座います♪


モトクロスバイクのエンジン下にこのようなガードプレートを装着しているのですが、それと同じで御座います。 印象が湧きやすいと思います。


なので製造元でも

「スタントケージ」 


ではなく

「アグレッシブケージ」

という商品名で販売がされました。



最初の画像でも分かるように、タイヤがブロックタイヤであったり、路面がダートだったりとするためスタントで使うというよりかは、あくまでもエンジン、エキパイ周りをしっかり保護する「ケージ」 という印象がございます。

なので一般的なスタントケージでカウルを保護したいといったバイク外観の保護ではなく、心臓部のエンジンを守る! ということに特化しているようで御座います。



ちなみにこちらの製造元。

海外では(特にアメリカでは) 一般的な事なのですが、メーカー品ではなく、極端に言うとケージの作成が得意な方がつくったオリジナルのパーツです。


メーカーとして大々的に販売しているのではなく、個人的にMT09を所有している方がある程度量産したパーツで御座います。

なのでメーカー名も御座いません。 


ですが海外ではこういったユーザーショップが沢山御座います!

これがまた掘り出し物に近く、アンテナをはっていないと日本では出回らず誰も知らないパーツとなっております。


オリジナルの商品という事ですが、こちらのショップでは現行の トライアンフ ストリートトリプルのスタントケージも製造しているとのことなので、バイクを保護(スタント用としてでも)することにはとても知識がある、得意なショップのようで御座います。


基本的にはある程度作って、完売したらすぐには作らず・・・・。
気が向いたらまた作り出す。 なんてこともこういったショップでは珍しくありません。

今回は1台分だけ入手できたケージなので、次回はいつになるやら。
そして輸入して欲しいとご依頼いただいても、輸入ができなかったり、、、といったことも出てきてしまいます。




こちらが実際のケージで御座います。


オリジナルといっても、DIYで、片手間で出来るような代物では御座いません。
このパイプの太さ、そしてキレイに曲げ、それを溶接。。。

到底まねは出来ません^^;


スキッドプレートと合わせるとこのような感じでしょうか。



こちらが付属品で御座います。

カウルがない車両なので、カウルの加工もなくエンジンマウントの部分に共締めして固定を行います。


日本ではまず1つも出回っていないパーツだと思います!
今回は1台分だけ入手出来ましたので、即納品となっております。


本来であればWEBでお買い物が出来るようにしたいのですが、現在は新しいWEBの構築段階なので、そのWEBへ反映予定でおります。
ですので、今回はこのブログをご覧頂きお問い合わせいただいた1名様分での早い者勝ちで御座います。



気になるお値段は。。。。


80000円

送料は一律1700円で御座います。


ちょっと他のケージと比べて高価ですかね^^;


画像では赤色のケージとなっておりますが、実際はブラックにパウダーコートされたブラックのケージで御座います。
また画像ではスライダーが付いておりますが、実際は付属しておりません。
このスライダーはユーザーさんが装着した物でございます。 
そして、エキパイとスキッドプレートのクリアランスがとても少ないように見えます。 なので社外のエキパイで取り回しが少し変わる、パイプ径が大きくなる といったことでスキッドプレートと干渉してしまうのでは? という印象がございますのでお気をつけくださいませ。

またキレイに黒へパウダーコートがされているのですが、輸送段階でところどころに擦り傷が入ってしまっております。 表面のパウダーコートが擦れてしまっているだけですので使用には問題ないのですが気になる方はお気をつけください。


そして一番の難点? としては、、、


情報がまったくない

ということです。

日本はもちろんですが、海外でもMT09のこのケージの出回りがとても少ないので、色々なインプレッション、情報がありません。

画像を見るとすんなり装着されておりますが、実際に装着をする際になにか不具合があるのか等々、、、 私も何も情報がないため詳しい事がお伝えできないといったところがございます。


何卒ご理解いただければ幸いで御座います。


ですがケージはほぼ半永久的に使えるので、長くお使いいただけると思っております♪

気になる方、ご注文、お問い合わせはご遠慮なくメールいただければと思います。

アクセル本間



You Might Also Like

0 コメント

お問い合わせフォーム