4 Stunt Competition Werkes

お客様への施工 ZX6R 13- スタントカスタム

12:16Kentaro Honma

こんにちは、アクセルです。

今回も前のブログ同様に、当社の提携ショップ様にて施工を行ったお客様車両をご紹介いたします。

車種は、ZX6R 13-
スタント車両としても、とても人気のある車種です。





こちらのご友人様が、たまたま当社で同じようにパーツのご注文、施工をさせて頂いており、自分も同じように!ということで直接のお電話を頂きました☆

お客様ではこれからスタントの練習をしていきたい。
そしてツーリングもこれで行う予定。 とご利用目的をお伺いしながら、パーツを色々とご提案させて頂きました。

そして今回お取り付けとなったパーツは、、、

IMPAKTECH スタントケージ
https://www.axxl.jp/index.php/impaktech-stuntcage.html

IMPAKTECH サブケージ
https://www.axxl.jp/index.php/impaktech-sabcage.html

COMPETITION WERKES フェンダーレスキット
https://www.axxl.jp/index.php/competition-werkes-zx6r-13-15.html

FORSTUNT クリップオン
https://www.axxl.jp/index.php/4stunt-clipons.html

CORE MOTO 前後ブレーキライン
https://www.axxl.jp/index.php/coremoto-zx6r.html

GP リムステッカー
https://www.axxl.jp/index.php/rimsticker-gp1.html


スタントでの練習も行うとのことで御座いましたので、リアをロックさせることは必須になります。
そうなりますとABS装備の車両ではロックがしませんので、ABSのキャンセル。

クリップオンでの設置、スタントで使いやすいハンドルポジションになりますと、スクリーンやアッパーカウルが干渉しますので、こちらをショート化。

これが特殊な加工で御座います。

同じような車種、カスタムにて下記にブログを掲載しております。
こちらをご覧ください。


この内容になりますと当日の仕上がりが難しく、お預かりでの作業となり1週間程度にて仕上がります。
遠方からのご来店有難う御座いました。





ZX6R 13- の場合、リアの固定マウントにちょうどリアブレーキタンクが設置されてしまっております。
IMPAKTECH ではこのタンクを移設できるように、小さいステーが付属しており、画像のように少し下に場所を変えるようになります。


COMPETITION WERKES のフェンダーレスです。




ナンバーインタイプのパイオニアでもあるこのメーカー。
当社ではメーカーと直接提携をして、昔からお取り扱いを行っております。

他では真似を出来ない、マネをされたこともない構造となっており、ナンバーはかなり起き上がって設置がされます。
実際に後ろから見ても、ナンバーの視野はかなりのものです。

そしてリアがボトムすると、スプリングが組み込まれているため、ナンバーが傾斜し、またもとに戻る。(車種によって機構の有無が御座います)
車種専用で御座いますので、仕上がりがとにかくきれいです。
詳しくは上記の商品ページをご参照ください。

今回はサブケージとの兼ね合いがあったので心配をしておりましたが、干渉することなく施工が出来ました!





IMPAKTECH といえば、オプションカラーを豊富にご用意があるメーカーです。
今回は通常のブラックで御座いますが、別カラーでも是非楽しんで頂けると思います。


そして世界でも人気ブランドである、色の替えられるCORE MOTO メッシュホース。


リムステッカーも含めて、全てグリーン系で揃えさせて頂きました。
オシャレは足元からです! 



AXXLさんのステッカーを色々なところに貼りたいですと、嬉しいお言葉も頂きました♪


最後にドン!!!



ガシガシ練習できますね!!

今後ともお会いできる時を楽しみにしております^^




You Might Also Like

0 コメント

お問い合わせフォーム