TAYLORMADE アクセル本間の独り言

Taylor Made Racing 社 閉店のお知らせ

16:20Kentaro Honma

こんにちは、AxxL(アクセル)本間です。

本日は残念なお知らせのブログとなってしまいます。



アメリカにある、Taylor Made Racing (テイラーメイド)社が、2019/8 に閉店となってしまいました。



当社では長きにわたり、TAYLORMADE 社と提携をしており、国内の正規代理店としてご案内をしてまいりました。

TAYLOR MADE と言えば、あのレーシーなデザインであるサイドマフラー。
このマフラーを装着したいがために、適合する車両を購入されるユーザー様もいらっしゃるほどで御座いました。

今まではこのようなデザインのマフラーは販売されておらず、TAYLORMADE 社がパイオニア的な存在で御座いました。







メーカー名でもお分かりのように、Paul Taylor さん(ポール テイラー)がオーナーとして創設されたメーカーです。

マフラーの設計はもちろん、カーボンパネル成形も得意としたメーカーで、MOTO2 のカウルも手掛けていたメーカーです。

多くの従業員がいるわけではないメーカーでしたが、世界に知れ渡っているメーカーで、世界でもトップレベルのメーカーでした。

多車種を製造しておらず、このマフラーデザインでパワーアップが出来ること、音量や音質が確保できること、、、と全てをクリアし、車種は拘ってラインナップをされておりました。



またMOTO2 カウルの設計を行っているだけもあり、空力にも拘って設計がされておりました。



カーボンパネルに関してはもちろんゼロから型設計をし、1つ1つ手作業で製造がされております。


(左の方がPAUL さんです)

実はPAULさんはこの年齢になったら引退、、、という事をおっしゃっておりました。

昔は事務の方がいらっしゃり、オーダーの受注等も分担されているなど勢力的に活動をしておりましたが、前線で活躍されていたオーナーのPAUL さんは66歳。

ご自身で引退の時期を見ながら、最後はほぼ一人でメールの対応や製造、発送の業務をされておりました。

当社でもメール等でPAULさんへ直接のご連絡をしており、また日本のバイク事情、そして日本でのTAYLORMADE マフラー施工の事例やトラブルも含めて、両社で情報交換をしながら切磋琢磨しておりました。

もうTAYLORMADE マフラーのご案内を皆様に出来ないことがとても残念で御座いますが、PAUL さんにとっては引退というとても素晴らしい事でも御座います。

数日前のPAUL さんとの会話では、これからガレージにあるDUCATI で峠にツーリングに行ってきますと、何か嬉しそうな印象が御座いました。

あなたがアメリカに来た際は、または私が(PAUL さんが)日本に来られた時はぜひまた会いましょうと仰っていただけました。

心からお疲れさまとお伝えしたいと共に、PAUL さんへ第二の人生を楽しんでもらいたいと思っております。


当社ではTAYLOR MADE マフラーの販売を終了となりますが、このようなデザインのマフラーを別のメーカーにてご用意しております。

今後も皆様にとってステキなバイクライフをご案内できるよう、パーツのご案内、ご提供が出来るようにして参りたいと思っております。

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

AxxL

You Might Also Like

2 コメント

  1. 数年前に貴社からテイラーメイドマフラーを購入させて頂いたので、今回の閉店の報せに驚いています。使用開始から数年経ちマフラーも錆が目立って来たので先月塗り直したばかりです。物凄く良いマフラーだと思うので残念です。何よりカッコいい!大事に使わせて頂きます。
    今後もテイラーメイドのような良い商品を扱って頂けたら幸いです。よろしくお願いします。

    返信削除
    返信
    1. こんにちは、AxxL で御座います。

      この度はブログのご観覧、とても嬉しいコメントを頂き感謝申し上げます。

      PAUL さんも商品への拘りがとても高く、デザイン、性能、仕上がりまで考え抜いたパーツでも御座います。
      今となっては貴重なパーツとなってしまいましたので、是非そういった面でも楽しんでご利用を頂ければ幸いで御座います。

      今後ともそう言って頂けるようなパーツのご提供、ご案内をして参りたいと思っております。

      事故やお怪我無く、ステキなバイクライフをお過ごしください♪

      AxxL

      削除

お問い合わせフォーム